RUBY'S ARMS

http://rubysarms.com/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
Meat & Bone
Meat & Bone (JUGEMレビュー »)
Jon Blues Explosion Spencer
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
STAR BLOWS(初回限定盤)(DVD付)
STAR BLOWS(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
The Birthday
待ちに待った、アルバム。。
楽しみであります。。
RECOMMEND
Heartattack and Vine
Heartattack and Vine (JUGEMレビュー »)
Tom Waits
RUBY'S ARMS.
最後の曲になってます。
RECOMMEND
Glitter and Doom Live
Glitter and Doom Live (JUGEMレビュー »)
Tom Waits
世界が酔いしれた一夜を。。。
RECOMMEND
ピアノ(初回限定盤)(DVD付)
ピアノ(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
The Birthday,The Birthday,Yusuke Chiba
RECOMMEND
Franks Wild Years [12 inch Analog]
Franks Wild Years [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Tom Waits
アコーディオンとオルガンを使った
トムの世界。。
心地よい。。
RECOMMEND
コーヒー&シガレッツ【廉価2500円版】
コーヒー&シガレッツ【廉価2500円版】 (JUGEMレビュー »)
ケイト・ブランシェット
まったり、ヌルヌルな作品だが、
深すぎるジャームッシュの世界に溶け込んでいく。。。
RECOMMEND
愛でぬりつぶせ(初回限定盤)(DVD付)
愛でぬりつぶせ(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
The Birthday,Yusuke Chiba
シンプルでストレートなrock
RECOMMEND
RECOMMEND
ミランダ [DVD]
ミランダ [DVD] (JUGEMレビュー »)

リッチ姫の魅力がふんだんに
詰まった作品
RECOMMEND
人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)
人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
R.,ハリス
人生のリスト、書く事によって意味をなす。
RECOMMEND
エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている
エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている (JUGEMレビュー »)
ロバート ハリス
異国へ飛び出すきっかけをくれた
一冊です。。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
武士ズム~小林よしのりVS堀辺正史~
武士ズム~小林よしのりVS堀辺正史~ (JUGEMレビュー »)
堀辺 正史,小林 よしのり
このお二方の対談には恐れ入った。
若い男子に是非読んで頂きたい。。
RECOMMEND
4月の休肝日
08日(日曜日)18日(水曜日) 22日(日曜日)30日(月曜日)
MOBILE
qrcode
The Blue Mask


★ストーンズ初日のLIVEがついに明日とせまるも、無性に最近ルーリードに浸りたがる。初めて中学の時に聴いた『ブルーマスク」を引っ張りだして聴く。やはり、今の私にはルー・リードの声とロバート・クワインが奏でるギターの音色が心地よい。ロバート・クワインと云えば、1993年12月3日に渋谷公会堂で行われたSIONの『I DON'T LIKE MYSELF』のLIVEで来日しゲスト出演したこのLIVE、当時高校2年の私、親の反対を押しのけ学校をサボり、いざ東京さへ向かったのでありました。サボったかいがありました。『水の中にいるようだ』のクワインさんのギター、『こんな弾き方あるんや〜』と当時の私は衝撃を受けました。水を想像させるギターの音色は本当に水の中にいて泡が弾いたりするような、そんな音でありました。それから11年後の2004年5月31日、愛する大切な妻を追うかのように、自らの命を絶った。その年、SIONの野音のLIVE、空を見上げ誰かに向かって歌ってるかのように歌う『水の中にいるようだ』、クワインさんが乗り移ったかのように弾く藤井和彦のギターに込み上げてくるものがありました。

Ruby's Arms明日は休肝日です。
宜しくお願い致します。


f:id:hideaway_juju:20121210162642j:image
| MUSIC | 19:33 | comments(0) |-| pookmark |
The Lords of the New Church

 ★☆The Lords of the New Church ☆★

★10代後半から20代前半の頃70年代後半から80年代のパンクを聴きアサッてまして、その中でもやはりダムドにハマりまして、気が狂ったようにダムドを聴きまくっておりました。ちょうどその頃住んでた、アパートの二つ隣の部屋のヤツが友達何人かで夜な夜なセックス・ピストルズを爆音で流し、騒いでおりまして、それに頭にきた私は窓を開け、こちらも大爆音でダムドの"New Rose"を流し、ピストルズなんて古いぞボケっ !的な反撃にでるのでありました。一番可哀想な人は、ピストルズとダムドに挟まれたお隣の住人さんでしたね。ホントすみません。そして、ダムドも聴き飽きてきた頃、ちょうどこのバンドと出会いまして、ハマっていくのでした。パンクなんだけど、どことなくニュー・ウェーヴ色が強い音であり、その頃バウハウスやスージー・アンド・ザ・バンシーズやキュアーなども聴いてまして、こういう80年代のニュー・ウェーブな音に興味を持ち始めるのでした。今でもたまに聴きたくなりますね。

| MUSIC | 19:46 | comments(0) |-| pookmark |
アイリッシュ・パンクとアル中の関係性

★シェイン・ナイト普段あまりでない、ギネスが12杯もでまして、アイリッシュ・パンクとアル中の関係性がなんとなく、わかるほど、酒がすすみました。アイリッシュシチューも好評でありまして、冬のメニューの定番化案も考え中であります。。それにしても、常連さんが持ってきてくれた、『The Pogues In Paris 2012』のLIVE映像、最高でありました。さりげなく後半に流れた『Fairytale Of New York』なんとも、カラダにシミわたり、鳥肌がたってしまいました。あと、一杯余計にアイリッシュ・ウィスキーが入っていたら泣いてたね。

 
| MUSIC | 11:21 | comments(0) |-| pookmark |
蘇るハノイの景色
 

★『のみちけ』用、ブランデー・スプリッツァーNEWバージョン、漬け込みました。是非是非お試しあれでございます。『のみちけ』につく、ドリンク+前菜3点盛りのイメージはこんな感じで、日替わりになっております。かなりお得ですのでご利用お待ちしてます。


☆本日は、アンディマッコイの誕生日ということで、ハノイ解散後、ソロで出したこのアルバム、中三の頃に買ったものでして、押し入れから引っ張りだして、久しぶりに聴いております。青春時代に聴いた懐かしい音源は、その時その時の、風景や景色をもう一度蘇らしてくれるものです。

アンディ・マッコイ&シューティング・ギャラリー


















| MUSIC | 12:44 | comments(0) |-| pookmark |
音源入荷情報

★THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION "MEAT AND BONE"★

※8年ぶりのオリジナル・アルバム"MEAT AND BONE"(肉と骨)が発売されました。04年に発売された作品『ダメージ』以来、ずっと静かだったジョン・スペ。自らの名を初めて排した"ブルース・エクスプローション”名義でのこの作品から8年、THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION名義で戻ってきました。かなり、かなり、ヤバイです。ホントかっけ〜バンドです。
| MUSIC | 18:09 | comments(0) |-| pookmark |
Straight To Hell


THE CLASHの『Straight To Hell』
この前のポーグスのLiveでもSEとして使われていた。
1991年のケルンでおこなわれたLive。
1991年といえばシェインが脱退した年でもある。
この前のポーグスのLiveで流れた時、ジョー・ストラマー
に対する深い想いみたいなモノを感じられ嬉しくなった。
まるで、『俺たちゃ、まだ忘れちゃいねーぜー』って
言ってるようだったね。。
| MUSIC | 12:24 | comments(0) |-| pookmark |
シカゴ・ブルースの父の願い

MUDDY WATERS WOODSTOCK ALBUM

先日、19日、悲しい知らせが舞い込んできまして、元ザ・バンドのリヴォン・ヘルムが亡くなられました。享年71歳。そしてこのマディのウッドストックアルバムにリヴォン・ヘルム、同じく元ザ・バンドのガース・ハドソンやブルースハープでお馴染みのポール・バターフィールドというウッドストック系ミュージシャンらと共演し、それまでの伝統的なシカゴ・ブルースとはひと味ちがうマディが見受けられる。まぁ、なんといってもマディが本当に楽しそうに取り組んでいるのが、聴いてる側にもひしひしと伝わってくる。75年にリリースされた当初は極端に評価が分かれ、一端のブルースファンからは50年代初期のマディのような濃厚なデルタ感覚がない、ロックな連中との共演なんて、けしからん!!なんて声も飛び交ったそうだが、私は最高にすばらしい作品であると存じております。 リヴォン・ヘルムは、あの『ラスト・ワルツ』の出演者リストから、マディが外されそうになった時に猛烈に怒ったという。マディを心の底から尊敬している心の現れだったのでしょう。今頃、あちらで、また一緒に再共演を果たしているに違いない。
| MUSIC | 11:54 | comments(2) |-| pookmark |
音源入荷情報

RO・K・A ロカ!!!

♠イカれすぎて、キモチ悪いほどにかっこイイ
 
| MUSIC | 18:08 | comments(0) |-| pookmark |
♬今日ですべてが始まるさ♩

★わたくし、眉毛が無い人に憧れた時代がありまして、もちろん影響はこのシオンでして、20代前半は、いちお会社勤めでしたので、そり落とす事は出来なかったにしろ、眉毛を金色に脱色し、2,3m離れた所からは、眉毛が無い人になったりしてました。なんだろ、この頃のsionは和製マイケル・モンローといいましょうか、和製ミック・マーズといいましょうか、そりゃぁ〜カッコイかったね。。
この『春夏秋冬』は泉谷しげるの曲であり、初めて聴いたのが、中2くらいで、シオンが歌う『春夏秋冬』でして、この田舎臭い強がりみたいなモンが『そんなモン、ど〜でもいいや』ってキモチにさせてくれるのでした。『今日ですべてが終わるさ、今日ですべてが変わる、今日ですべてがむくわれる、今日ですべてが始まるさ』、、、って毎日、思って生きていけたら、少しは楽なのかもしれないね。

昨日のRuby'sは近所のちびっ子族のたまり場となりウクレレを弾かせてあげました。
3月の休肝日、明日発表致します。。
次の休肝日は4日(日)となります。

ではでは、雨ですけど、ステキな週末を!!

| MUSIC | 11:45 | comments(0) |-| pookmark |
L.A.M.F
L.A.M.F. - The Lost Mixes 


    <本日のおすすめ>

L.A.M.F/THE HEARTBREAKERS

L.A.M.F=(Like A Mother Facker)
とても、カッコイイアルバムです。。

ハナシは変わりまして、昨日の朝、スッキリを観ていて、『はるみキッチン』というコーナーがありまして、いつも好きで観てまして、栗原はるみが料理を作り、熱い男、照英がお手伝い&コメントするコーナーでして、昨日は鯛飯とみそ汁でした。どちらかというと、鯛飯がメインでみそ汁は付け合わせ的な感じで作られていたのにもかかわらず、照英はみそ汁を飲んだ瞬間、昔を想い出したらしく、泣き始めました。学生時代に寮生活をしていて、そこの、料理を作るおばちゃんのみそ汁の味に似ていて、いろんな事を思い出し涙が出てきたのです。栗原はるみもそれを見て、ウルウルしてましたね。朝から熱いコーナーです。でもわたくし、こういう男、嫌いじゃありません。と同時に料理一つで泣かせるくらいの料理人を目指そうとも思いましたね。食べる人に何かを感じさせる事が料理人の原点なのかもしれませんね。勉強させて頂きました。
| MUSIC | 18:32 | comments(0) |-| pookmark |
| 1/4PAGES | >>