RUBY'S ARMS

http://rubysarms.com/
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
Meat & Bone
Meat & Bone (JUGEMレビュー »)
Jon Blues Explosion Spencer
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
STAR BLOWS(初回限定盤)(DVD付)
STAR BLOWS(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
The Birthday
待ちに待った、アルバム。。
楽しみであります。。
RECOMMEND
Heartattack and Vine
Heartattack and Vine (JUGEMレビュー »)
Tom Waits
RUBY'S ARMS.
最後の曲になってます。
RECOMMEND
Glitter and Doom Live
Glitter and Doom Live (JUGEMレビュー »)
Tom Waits
世界が酔いしれた一夜を。。。
RECOMMEND
ピアノ(初回限定盤)(DVD付)
ピアノ(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
The Birthday,The Birthday,Yusuke Chiba
RECOMMEND
Franks Wild Years [12 inch Analog]
Franks Wild Years [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Tom Waits
アコーディオンとオルガンを使った
トムの世界。。
心地よい。。
RECOMMEND
コーヒー&シガレッツ【廉価2500円版】
コーヒー&シガレッツ【廉価2500円版】 (JUGEMレビュー »)
ケイト・ブランシェット
まったり、ヌルヌルな作品だが、
深すぎるジャームッシュの世界に溶け込んでいく。。。
RECOMMEND
愛でぬりつぶせ(初回限定盤)(DVD付)
愛でぬりつぶせ(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
The Birthday,Yusuke Chiba
シンプルでストレートなrock
RECOMMEND
RECOMMEND
ミランダ [DVD]
ミランダ [DVD] (JUGEMレビュー »)

リッチ姫の魅力がふんだんに
詰まった作品
RECOMMEND
人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫)
人生の100のリスト (講談社プラスアルファ文庫) (JUGEMレビュー »)
R.,ハリス
人生のリスト、書く事によって意味をなす。
RECOMMEND
エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている
エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている (JUGEMレビュー »)
ロバート ハリス
異国へ飛び出すきっかけをくれた
一冊です。。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
武士ズム~小林よしのりVS堀辺正史~
武士ズム~小林よしのりVS堀辺正史~ (JUGEMレビュー »)
堀辺 正史,小林 よしのり
このお二方の対談には恐れ入った。
若い男子に是非読んで頂きたい。。
RECOMMEND
4月の休肝日
08日(日曜日)18日(水曜日) 22日(日曜日)30日(月曜日)
MOBILE
qrcode
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ


★久しぶりに映画を観た。ジム・ジャームッシュ監督の最新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』。初っ端から、ヴィンテージギターが登場し、1959年物のスプロ、1960年物ハグストロム、60年代初頭シルバートーン、グレッチ チェットアトキンス6120がやたらと渋かった。何世紀も共に生きてきた、吸血鬼のアダムとイヴのラヴストーリーでジャームッシュの今のこの世な中を皮肉った感も健在で久しぶりにゾクゾクしました。ジョン・ハート演じる吸血鬼がやたらと渋く、良い役者だと改めて実感。Ruby's絶賛ヘビロテ中。
| Movie | 20:59 | comments(0) |-| pookmark |
Tumbling Dice
 

★『さあ帰ろう、ペダルをこいで』ー故郷へ帰る旅、自分を取りもどす旅ー
2013年4月3日DVDリリース決定しました。

☆私も、25歳の頃、バックギャモン・ボード、一つバックパックにいれ、ヨーロッパの一人旅にでまして、バックギャモンを通じ、いろんな体験をしまして、もしバックギャモンがなければ、出会えた人々、夢にあふれた体験、それらを半減するくらいの、その旅にとって貴重な存在でありました。ダイスとは自分自身が振り、でた目は神が与えてくださったいくつかの人生の道しるべ、そのいくつかの目を自分自信で切り拓き進んで行く、まさに人生そのものでありました。まさにあの頃旅した、故郷へ帰る旅であり、自分を取りもどす旅でもあり、この映画を通じ、自分と重ねてしまう自分がいたのでありました。
| Movie | 18:58 | comments(0) |-| pookmark |
故郷へ帰る為の旅


『バックギャモンは極めてシンプルかつ非常に複雑なゲームだ。人生とは、天から与えられる運によるところもありながら、あくまでサイコロを振るのは自分であり、人生を切り拓いてゆくのもまた自分自身なのだと。』

実に興味深いブルガリア映画が五月中旬に公開されます。自分自身もこの主人公のように、『旅』と『バックギャモン』を通じて、自分と向き合い、いろんな人と出会い、いろんな体験をする事によって、大切な何かを思い描くことができた気がしたりしてます。まだ人生なんてモンを語りたくもないし、語る資格も無いちっこい石ころでありますが、少なくとも、この2つのキーワードにこの上なく不思議な魅力と不思議な力を抱き、この先も自分の人生に大きく関わってくるにちがいない、そんな気がしてます。 
| Movie | 11:20 | comments(0) |-| pookmark |
2丁拳銃
フェイス/オフ 

♣先日のこと、家の押し入れにしまわれていた、『フェイス/オフ』(映画)のLDを十数年ぶりに観た時、やはり映画を観て何かを感じるという視点が、以前と遥かに違うという事に気付く。わたくし、この監督ジョン・ウーの作品が大好きで、男の美学ともうしましょうか、男臭くて、義理人情、絆、裏切り、憎しみ、平和、復讐、愛、というものが、随所にしき詰まっている。おきまりといえば、銃撃戦時の2丁拳銃、平和の象徴である教会と白いハトである。なんといっても銃撃戦の美しさ、セクシーさときたら、他の監督にはない観点をもっていると思う。『フェイス/オフ』でわたくしが、『こいつ天才だわ』って思うシーンがありまして、キャスターの仲間のアジトでの銃撃戦の中、アダムという5歳の男の子がつけるヘッドホンからクラッシックが流れ、大人達の銃撃戦をアダム目線でとらえたシーンがありまして、最初観た時は凄い印象深いシーンでしたね。そして、十数年ぶりに観た先日、初めてこの映画で、家族の絆、家族愛に涙腺が緩むのでした。映画も年をとっていけば、われわれももちろん年をとっていくわけで、久しぶりに観ると、また違った魅力が映し出される。だから映画は面白い。
| Movie | 18:26 | comments(0) |-| pookmark |
最後の舞踏会

『THE LAST WALTZ』ザ・バンドの最後の舞踏会。
幾度か、知人から借りては観ていましたが、ついに手に入れました。最高です。何が凄いって、バンドもすばらしいが、バンドと共演する豪華なメンツ。ボブ・ディラン ニール・ヤング エリック・クラプトン マディ・ウォーターズ ドクター・ジョン ジョニ・ミッチェル ボビー・チャールズ ポール・バターフィールド ヴァン・モリソン ロン・ウッド リンゴ・スター、、とまぁ〜えらいこと。個人的には最初借りた時はドクターとニール・ヤングとマディ・ウォーターズが楽しみで仕方なかった。この時のエピソードで、ニール・ヤングは映画の公開の際、鼻にコカインの塊が刺さっていた事が判明し、その後に発売された、ビデオ、DVDはデジタル処理により消されている。確かに云われてみると、顔つきがちょいと何かをキメてる感じが明らかに分かる。監督はマーティン・スコセッシでスコセッシと云えば、何年か前に話題となったストーンズを撮った「シャイン・ア・ライト』が記憶に新しいが、よくこの2つの映画を比べる人がいますが、私は比べる必要ないと思います。だって、その時代だからこそできて、その時代だからこそできない事だってあるのだからね。私は両方素晴らしいと思います。

ハナシは変わりまして、昨日の夕方にお隣さん家のコロは天国行きの列車に乗って行かれました。最近、毎日、コロを見に行く機会が増え、昨日も朝見に行ったんですが、その時は両手をチョイチョイしながら、ガンガン吠えてまして、一瞬元気を取り戻したかに見えましたが、それが最後の舞踏会、ラストワルツだったんだね。 
| Movie | 18:06 | comments(2) |-| pookmark |
堕ちた天使の詩

♬Shane{シェイン}
THE POGUES:堕ちた天使の詩♪

THE POGUESのフロントマン、
”酔いどれシェイン”に
スポットを当てた、栄光と挫折の歴史を振り返る
ドキュメンタリー映画。。

これ、最近購入しようと思っていたところに、、
実家から荷物が届く。。ダンボール箱には、、
ワイングラスやら食器類が敷き詰めてあり、、、
そして、このDVDも一緒に紛れ込んでいた。。
思わず、『うわぁ〜!』でました。
アニキからのプレゼントらしい。。

さっそく拝見。。
ほぼ、100パー、
シェインはいつでも酔っ払いではありましたが、、
長年のドラック使用と重いアルコール依存症に
陥りながらも、ロックを変革し続け、、
波瀾万丈な人生、栄光と挫折を味わいながらも、
自分らしく生きる、そんなシェーンを惚れ直し
てしまった。
アイルランドのサビれた街を歩いてると、、、
ホームレスが座りこんでいた。
酔いどれシェインはそのホームレスに
ポケットから、札を取り出し、三枚くらい
あげていた。。
これも、どん底を味わった人間だからこそ
できる事で、栄光しかしらない者は、、
煙たい目で見ることしかできないであろう。
どん底を味わった者は弱い者にも優しくなれる
のだろう。。

そして、今年、3月、その男は6年ぶりの
来日をはたす。一夜限りのライブ。。

その前にこの映像を観れて良かった。。
この映像でもっと、この男のことが、、
知りたくなってきた。。

3月、自分の目でこの男を確かめに行こう
と思ってます。。

今年、最大の宴になることでしょう。。

| Movie | 12:02 | comments(0) |-| pookmark |
愛と呼ばれるもの
the thing called love.jpg

和訳されると『愛と呼ばれるもの』、この映画との出会いは高校2年の時で、、、、、、、リヴァー・フェニックスが他界してちょっと経った頃に観て、凄く印象的で、すぐさまVHSとサウンド・トラックを買いに行きカントリー・ミュージックにハマってしまったと同時に、ヒロイン役であるサマンサ・マシスに恋をしてしまったが、プライベートでもリヴァーと付き合っていたので、リヴァーなら仕方ないです、諦めました。

カントリーの本場、ナッシュビルを舞台に、プロのカントリーミュージシャンを目指す若者の、愛、友情、青春、夢、希望、挫折、を描いた青春映画で、リヴァー・フェニックスの遺作としても知られている。そして、ブレイク前のサンドラ・ブロックも脇役で出演していて、なかなか新鮮である。

是非、おすすめしたい映画なのですが、なんせ、未だDVDになっておらず、VHSで観るしかない。私もVHSは持っているのですが、デッキがないので、どうしたもんかな?困っております。頼むDVDになっておくれ!

愛と呼ばれるもの(字幕スーパー版) [VHS]

唄うリヴァー、メチャメチャカッコよく、ヒロインの心を引き寄せる瞬間、二人は曲の中で愛を確かめ合うのです。

| Movie | 00:15 | comments(4) |-| pookmark |
宇宙人ポール


♣年末はこんな映画を観て笑い転げたいよ。。


| Movie | 12:40 | comments(2) |-| pookmark |
世の中で大切なものは、煙のようなもの、、、、

良い映画とは、、知ってながらもまだ観れてない映画達が数多く存在する。

♫この『SMOKE』もその数多くある中の一つでしたが、やっと観れました。

良い映画とは、終わった後も尚、余韻が続く。。

エンディングに流れたトムの『INNOCENT WHEN YOU DREAM』をもう一度、
聴きながら、尚も続く。。。

| Movie | 17:49 | comments(0) |-| pookmark |
BURST CITY

元、石井聰互、NOW、石井岳龍監督の最新作長編が12年ぶりに完成との事で実に楽しみであります。石井聰互監督の作品を初めて観たのが中一の頃であり、当時観た映画やドラマで衝撃を受けた、長渕剛のドラマ『とんぼ』だったり、映画『オルゴール』だったりでありましたが、それらを超える程の衝撃がカラダをはしったのを今でも覚えているのが、『爆裂都市』でありました。。当時の私には、出演者の中で泉谷しげるくらいしか分かりませんでしたが、あとあと大人になっていくにつれて、他の出演者がザ・ロッカーズのメンバーだったり、ザ・ルースターズのメンバーだったり、スターリンだったり、町田町蔵だったり、コント赤信号だったり室井滋だったりで、凄いメンツに気付き始めるティーン・エージャー時代でありました 
| Movie | 11:48 | comments(0) |-| pookmark |
| 1/3PAGES | >>